ヘッジファンド

効果的な分散をもたらし得るヘッジファンド投資

ヘッジファンドを理解する

魅力的なリスク調整後リターンを提供*

ヘッジファンドは、市場動向に左右されない分散されたエクスポージャーの提供を目指します。 リーマンショックの前後とも、ヘッジファンドは米国大型株と低相関を保ちました。

希少な分散効果を提供**

非相関の資産クラスを探し当てることはますます困難になっています。

過去の実績は将来の結果を示すものではありません。指数は説明のみを目的として記載しています。 指数は運用されておらず、投資家は指数に対して投資することはできません。これらの指数はブラックストーンの投資の適切なベンチマークあるいは目標として選択したわけではありません。 指数の構成銘柄はブラックストーン・ファンドが行う投資と本質的に異なり、いかなる戦略も反映していません。指数には、ブラックストーンのいかなる投資とも異なるリスク特性、ボラティリティ、資産構成、その他の重要な特性があります。指数は手数料または経費を控除していません。 株価指数の場合、指数のパフォーマンスは配当の再投資後です。

*図表内の資産クラスは以下の指数を用いています。ヘッジファンド:HFRIファンド加重コンポジット・インデックス(トータル・リターン)、米国株式:S&P 500インデックス(トータル・リターン)、上場米国リート:ダウ・ジョーンズUSセレクトREITインデックス(トータル・リターン)、米国ハイイールド社債:ブルームバーグ・バークレイズ米国社債ハイイールド・インデックス(トータル・リターン)、グローバル株式:MSCI ワールド・インデックス(グロス、トータル・リターン、米ドル・ベース)、米国債券:ブルームバーグ・バークレイズ米国アグリゲート・ボンド・インデックス(トータル・リターン)、グローバル債券:ブルームバーグ・バークレイズ・グローバル・アグリゲート・ボンド・インデックス(トータル・リターン、米ドル・ベース)、コモディティ:S&P GSCI インデックス(トータル・リターン)。

** 「2000~2009年」のデータは、2000年1月1日~2009年12月31日までの期間を対象としています。「2010~2020年」のデータは、2010年1月1日~2020年12月31日までの期間を対象としています。米国国債はバークレイズ米国国債インターミディエート・インデックス(トータル・リターン)、金はS&P GSCI ゴールド・インデックス(トータル・リターン)、グローバル投資適格債はバークレイズ・グローバル・アグリゲート・ボンド(トータル・リターン)、ヘッジファンドはHFRIファンド加重コンポジット・インデックス(トータル・リターン)、コモディティはS&P GSCI (トータル・リターン)、エマージング株式はMSCI エマージング・マーケット・インデックス(米ドル・ベース)です。米国国債、金、グローバル投資適格債、ヘッジファンド、コモディティ、エマージング株式のリスクとリターンの特性はそれぞれ異なります。ヘッジファンドへの投資には、流動性リスク、外国投資リスク、相対的に高水準な手数料・経費、規制による制限、投資資金のすべてまたは大半を損失するリスク、レバレッジによるリターンの不安定さなどを含むリスクを伴います。投資家は自身の投資目標の観点から、上記の各資産クラスを評価する必要があります。

なぜブラックストーンのヘッジファンド投資か

当社は、大手機関投資家や投資経験が豊富な個人投資家のため、オルタナティブ戦略に投資し、魅力的なリスク調整後リターンの獲得を目指します。

プライベート・エクイティ

長期にわたってビジネスの抜本的改善を推進

不動産

投資家に安定したインカム収入を提供し、長期的な価値上昇も期待できる不動産

クレジット

利回りを求める投資家に魅力的なオルタナティブ投資

セカンダリー

かつてはニッチ戦略であったセカンダリー・プライベート・エクイティが成熟した資産クラスへと進化